2009年03月31日

タブブラウザ

新しいアイデアを思いつくためには、知識の量がカギで、知識の量を増やすには情報収集、本やインターネットを使うという話をしました。


私もインターネットを使って、毎日たくさんの情報に触れています。

個人的な意見ですが、インターネットを使って情報を集めるならマイクロソフトのインターネットエクスプローラは向かないと思います。

起動に時間がかかるし、元のページを残したままリンク先のページを開きたいときに、いちいち新しいウィンドを開くか、新しいタブを開くための操作が必要になってきますので、その時間がもったいないんです。


私は、もっと軽くてマウスジェスチャが使えるタブブラウザを使っています。

インターネットエクスプローラはver.7でやっとタブブラウザになりましたが、世の中にはもっと進化したブラウザが存在しますので、それを使わない手はありません。

フリーソフトでいろいろ便利な物が出ていますので、ブラウザに限らずいろいろ調べてみるのも知識の量を増やすのに役立ちます。


posted by ナマラ・ラマ at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

新しいアイデア

「新しいアイデアは既存のアイデアの組み合わせである」

つまり、新しいアイデアをたくさん思いつくには、既存のアイデアをどれだけ知っているかがカギだ、ということです。
知識の量が差を生むんです。

では知識はどこからやってくるかというと、答えは外からです。
知識の量を増やすには、情報収集を貪欲に、本やインターネットを使って自分にとって必要と思われる物はどんどん吸収していくことが求められます。


ただし、情報は頭の中で、自分に都合のいいように再編集されてしまう恐れがあります。

知識の内容が偏ってしまわないように、同じ分野でもいろいろな考えに触れておいた方がいいと思います。

posted by ナマラ・ラマ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

スピリチュアル

北海道の道東地方の話です。

冬に雪が多いと、その年は収穫がよくて、雪が少ないと畑の作物のできが悪くなる。
なぜかというと、雪が少ないと地中深くまで土が凍るので、春から初夏にかけて地温が低く、作物の成長が遅れるから。

私はこの話を60代後半のおばあちゃんから聞きました。

雪が少ないと作柄が悪くなる傾向がある、という事実を、経験として知っているのと、理屈まで知っているのとでは教えられたとき、説明されたときの納得の度合が違います。



スピリチュアルがもてはやされていますが、霊が見えるなんていう話には理由も理屈もありません。

「私には見えます。だから存在するんです」

では何の説明にもなっていません。



信じる信じないは受け取る人の自由ですが、騙されている、ということには気づいた方がいいでしょう。

あんなものを事実であるかのごとく、公共の電波を使って流しているTV局の責任は重大です。


参考図書
コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術
「心のブレーキ」の外し方

posted by ナマラ・ラマ at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

脳の基本構造

人間の脳の基本構造は誰でも皆同じです。

違うのは、生まれてからの経験の量と質。


でも、その経験の違いが能力の違いを作ります。

これからもいい経験を積んでいきたいと意識すれば、たとえまわりから失敗だと思われても本人にとっては「うまくいかない方法を見つけた」という「いい経験」になります。

いい経験をしたいと意識すれば、どんな経験もなんらかの意味をあたえてくれます。


自分にとって、参考になった、教訓になった、という経験は、能力を高めてくれます。
posted by ナマラ・ラマ at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

知識の幅を広げる

ある事象についての知識を深めようと思ったら、その周辺にある、関連する事象の知識についても知らなければなりません。

知識の幅をひろげることは、その中心の知識を深めることになります。


短いけど今日はここまで。


ラベル:知識 勉強法
posted by ナマラ・ラマ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知識の大爆発

大量の知識を頭の中にいれておくと、ある日関連する知識同士が結び付いて理解が一気にひろがることがあります。

「一を聞いて十を知る」ことができるようになります。


では、「大量に」とはどれくらいなのか。

それは物事によって、その人の経験の量によって違うので「これだけ必要」と言えません。

その時に備えて、今必要かどうかに関係なく、何にでも興味を持ってとりあえず知っておく、という気持ちが大事です。

ラベル:知識
posted by ナマラ・ラマ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

なぜだろうと問いかける

「なぜ」という質問は、問題の本質を探すのに有効です。
頭をよくするのにも有効です。

「なぜだろう」と問いかけると、それまでなんとなく、こういうこうとだと思っていたことや、当たり前と思っていたことが、うまく説明できないことに気づきます。

子供に、
「なぜ赤信号では止まるの?」
「なぜ水は寒いと凍るの?」
と聞いてみましょう。


「そういう決まりだから」
「そういうことになってるから」
うまく答えられなくて、こんなことを言うかもしれません。

もういちど、
「なぜそんな決まりがあるの?」
「なぜそういうことになってるの?」
と聞いてみましょう。

答えは間違っていても全然構いませんし、答えが出てこなくてもいいんです。

「考える」という行為自体が重要なんです。


あなたも身の回りの物事について「なぜだろう」と自身に問いかけてみましょう。

きっといままでとは違った物の見方ができるようになります。

ラベル:質問力 問題解決
posted by ナマラ・ラマ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題の本質をさぐる

多くの経験を積むと問題解決能力が上がってきます。
なぜかというと、過去の経験と似たような状況が起こると、一段うえの視点から物事を見ることができるようになるからです。

問題の本質が見えてくるので、どこに原因があって、それをどのように変えればいいかが分かるんです。


西松建設の汚職疑惑が持ちあがっていて、企業献金の上限を厳しくしようという意見がありますが、これでは全く問題の解決にはなりません。

この問題の本質は、政治を金で買うと言う体質にあるからなんです。

ここを変えないと、つまり起業献金を完全に禁止しないと同じような問題が繰り返し起きてきます。
歴史を見れば明らかです。田中角栄の時代から何も変わっていません。

「政治には金がかかる」という議員がいますが、小選挙区に立候補するのに300万円もかかるような、世界でも類を見ないような高額の供託金制度を見直すだけでもずいぶん節約できますし、アメリカの大統領選挙でご存じのように、献金ではなく寄付とボランティアで選挙をおこなうことだってできるんです(実際にかかる費用は衆議院選の比ではないかもしれませんが、日本でもそういう仕組みを持っている政党はあります)。

実際にアメリカで行われているんですから、日本で不可能なはずはありません。


自民党も民主党も献金が禁止されると困るので本質を隠し、問題を解決しようとしない態度がありありと見えますね。

posted by ナマラ・ラマ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本を読んで自己投資

前にも書きましたが私は今、午前と午後とで同じ会社内の別の部署で仕事をしています。

業務内容は人それぞれ違うので、一概には言えませんが、1人で2人分の仕事をしていると言ってもいいかと思います。

部署内の他の人は退勤までの約9時間で1日の仕事を終えればいいのですが、私は他の人よりも4〜5時間も勤務時間が短いので、やりきるにはやはり工夫が必要です。

工夫といっても一人で試行錯誤している時間はありません。
そんな時間すらないような状況です。


そこで実行しているのが他人の経験を自分の経験にする、という作業です。


他の人が何年間もかかって積み重ねてきた経験を、効率よく吸収して仕事に取り入れています。

これだと数年かかった試行錯誤の結果をほんの数時間で手に入れることができるんです。


かかる費用は数千円程度。

そう、読書です。


こんな安価で短時間に結果がでる投資は他にないんじゃないでしょうか。

ラベル:読書 自己投資
posted by ナマラ・ラマ at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

仕事の意味

自分のやっている仕事の意味が分からないと、やらされている感が強くなり、仕事が面白くなくなり、苦役にすら感じられてしまいます。

どんな小さな仕事でも、全体の流れが分かり、その中で自分がどの部分を担っているかを知っていると意義を感じられるようになります。


自分のやっている仕事が会社の中でどのように位置付けられ、社会全体の経済活動の中でどんな意味を持つのか、そこまで考えられれば仕事に対する使命感が生まれ、より大きな価値を生み出す工夫と意欲が湧いてきます。


会社内でも社会全体の中でも、あなたの仕事を必要としている人がいます。

そしてあなたは、あなたを必要としているそれらの人々の要望に応えているのだ、ということを常に頭に置いておきましょう。
 
 
ラベル:仕事 価値
posted by ナマラ・ラマ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

技術と経験を磨く

技術と経験を磨き、そこに知識を加えることで新たな価値が生むことができます。

技術と経験は、実際にやってみないと身につきません。

しかし、知識と技術が身についただけでは新しい物はなにも生み出すことはできません。
いままで他の人がやっていたことと同じことしかできないのです。


あなたがあなたでいるということは、他の人とは違った視点で物を見、工夫をこらして新しい価値を創造することにほかならなりません。


あなたが今までの人生の中で獲得してきた知識を、身についた技術と経験に加えることであなただけの価値、いわゆるオンリーワンを作ることができるようになります。


そうすればあなたはその組織の中でなくてはならない存在となることができます。
ラベル:価値
posted by ナマラ・ラマ at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

道具は近くに置く


私の職場の机の上には私物の文房具がいくつか置いてあります。

職場には共用の物もありますが、私は単純作業は短時間で終わらせたいのでいちいち立って取りに行ったりしません。

切ったり貼ったりの単純作業なら、立ち上がらずに手の届く範囲で全て処理します。
私物なら返す必要もありませんし。


それにたいして、アウトプットの作業は離れたところで行っています。

部署内の他の職員の机の上にはノートパソコンが置いてあるんですけど、私の机には置いていません。

少し離れたところに共用のデスクトップのパソコンを置かせてもらっています。


なぜかというと、アウトプットの際には、少し体を動かした方が質のいい物ができるからなんです。


考えるのは机で、まとまったら立ち上がって歩いてパソコンまで行きます。
すると、そのほんのちょっとの時間でも、体を動かすことによって理性の抑制が弱くなって新しい考えが浮かぶことがあるんですね。

それが質を高める、ということなんです。


頭を使わない単純作業は短時間で終わらせるように、頭を使う知的作業は別のことを考えるために、間に一呼吸入れるようにしています。

ラベル:仕事
posted by ナマラ・ラマ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の読み方

じつは、20代のころは本なんてほとんど読みませんでした。

読みはじめたのは30代の後半から。

一旦読む癖がつくと、本の読み方が分かってきます。
本の読み方とは、ただ文字を読むと言うことではなく、理解のし方ということで、そうなると読みたい本が次から次へとでてきます。

読みたい本はあれとこれとそれと、という具合に何冊もあるのに時間がかかって次の本に移れない。

そんなときに出会ったのがフォトリーディングです。
とあるメルマガで紹介されており、本屋さんでフォトリーディングの本を見つけて買ってきました。


私は今職場で2つの業務を掛け持ちしています。
午前と午後とで別の部署で仕事をしていて、それぞれ他の人と同じくらいの量をこなしています。
つまり1日に一人で二人分の仕事です。

しかも残業はほとんどしません。
月末以外、勤務時間は1日8時間〜9時間です。
もっと短くすることもできますが、週40時間の勤務が果せられていますので、余った時間は更に情報収集に使っています。


こんなことができるのも、経験だけではなく、どのようにしたら短時間で成果を出せるか、通常の倍のスピードで案件を処理し、情報を整理して価値を加えることができるか、という知識が大量に頭に入っているからではないかと思います。


あなたもいまからでも遅くはありません。他の人より稼ぎたければ、他の人が持っていない知識を身につけ自分自身の付加価値を高める必要があります。


posted by ナマラ・ラマ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の価値

私が買う本は、たいてい1500円前後のビジネス本です。

ジャンルはその時どきで違います。
同じような本を何冊も続けて読むこともあれば、違った分野の本をいっしょに読むこともあります。


一冊の本には一体どれくらいの価値があるのでしょう。
本に書かれていることで、必要な箇所は人によって違います。

ふつう、本の中でその人にとって重要な箇所は5〜20%程度、と言われています。
200ページの本でしたら10ページから40ページほど。

まとまっているのではなく、このページに1行分、べつのページに5行分、と分散していて、あわせて5〜20%です。


私は1,500円の本の中に、参考になる所、この考え方は知らなかったと思える所、すぐに生活や仕事の場面で使えるなと思えるところが1つでもあれば、十分モトはとれると思っています。


前にも書きましたが、他の人より稼ぎたければ、人とは違う価値を自分に付けたいのなら、いまからでも遅くはありません。
本を読むべきです。

テレビなどで名前を知っている人が書いた本でもいいし、本屋さんで見かけて気になった本でもいいし、ネットで検索して探してもいいのでとりあえず1冊読んでみましょう。


本の中に価値があるのではなく、あなたがその本の価値に気づくかどうか、価値のある物にできるかどうか、です。


ラベル:読書法
posted by ナマラ・ラマ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の選び方

稼ぎたければ本を読め、と言われても、今まであまり本を読んでこなかった人は何を読んでいいのか分かりませんよね。

私もそうでした。


今は本屋に行って、タイトルが気になったら手に取ってみて、目次を見て中身をパラパラとめくり、必要な事が書いてあるな、と「感じたら」買います。

感じたら、ですので論理的な根拠はありません。
家で読んでみて、得る物がなかった、ってこともあります。

でもそれでいいと思います。
とりあえず頭の中にいれておけば、別の知識と結び付いて新しい知識が生まれることがありますので、そのときまで熟成させるのだ、と考えています。


次回は一冊の本に、一体どれくらいの価値があるのかお話しようと思います。

ラベル: 読書法
posted by ナマラ・ラマ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

マイナスとマイナスを掛ければプラスになる。

マイナスとマイナスを足してもマイナスにしかなりませんが、マイナス同士を掛けるとプラスになります。

自分の欠点を一つひとつ上げていっても自己嫌悪に陥るだけですが、欠点同士を掛け合わせれば、他の人にはない魅力にすることができるます。

ラベル:成功法則
posted by ナマラ・ラマ at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知的労働者とは

前回は労働者と資本家について説明しましたので、今回は労働者の中で知的労働者と肉体労働者についてお話したいと思います。

肉体労働者とは、港湾土木、建築、運輸、農林漁業など、おもに第一次産業や第二次産業で働く人たちのことです。


ただし、これらの人たちが頭を使わないかというと、決してそうではありません。

かくいう私も学校を出た後、6年間大工として働いていた経験があり、当時親方から「もっと頭を使え」としょっちゅう怒られていました。
経験と技術だけでは一人前になれません。


一方、知的労働者とは、主に第三次産業で働く人たちのことです。

もちろん、肉体あっての頭脳ですので、頭だけ働かせていればいいというわけではありません。


肉体労働者は国を支える上で非常に重要な地位を占めていますが、大きな付加価値を付けるのには不向きなため、今後賃金の安い外国人労働者に取って代わられる危険があります。
アメリカを見れば一目瞭然ですね。


われわれが生き残っていくためには肉体だけではなく、頭脳を活用し、いままでにない価値を創造していく必要があります。

そのためには情報を整理し、そこから自分にとって価値のあるものを見つけ出して編集し、発信するという作業を効率よく、かつ永続的に行っていかなければなりません。


どんな出来事であれ、「問題の本質は何か」ということを常に考えられる頭脳を作ることが、あなたがいますぐ取り掛からなければならないことです。


参考図書:


ラベル:知的労働者
posted by ナマラ・ラマ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

労働者とは

このブログで、よく「知的労働者」という言葉を使いますが、私の言う労働者について、若干解説しておきたいと思います。


今の日本には、大きく分けて2つの階級が存在します。
一つは資本家。
もう一つは労働者です。


資本家とはどういう人たちのことを言うのかというと、経団連に加盟しているような大企業の役員とその家族、銀行に預けているお金の利子で生活している人、所有している株式の配当で暮らしている人などで、主に自分で働かなくても生活していける人たちです。


一方労働者とは、それ以外の人たち、大部分は資本を持たず、労働力を提供してその対価として給料をもらっている人たちです。

日本に住んでいる人の90数%は労働者で、資本家はほんの1%〜数%しか存在しません。

ですからこのブログを読んでいただいている方は、ほぼ全員”労働者”といって差し支えないと思います。


次回は知的労働者と肉体労働者についてお話したいと思います。


posted by ナマラ・ラマ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

時間は偶然を必然にする

「時間は偶然を必然にする」
とは生物の進化についての言葉ですが、人間の社会においてもこれは通用します。


新しい製品やサービス、方法は世界中のあらゆるところで常に生み出されています。

そして、多くの人が実際にそれを使ってみて、役に立つと思う人が多ければ残るし、そうでなければ消えてしまいます。


新しいものも、いっとき広まっても市場にさらに新しい物が登場すれば古くなり、使う人が少なくなれば淘汰されて表舞台から消えてしまいます。


あなたの考え方や、問題解決の手法は回りの人も使っていますか?

とっくに古くなって、もう通用しなくなっているのにあなたが気付かないだけ、なんてことはありませんか?
 
  
ラベル:問題解決 手法
posted by ナマラ・ラマ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アキレスと亀

アキレスと亀
といっても北野武監督の映画ではありません。

ゼノンのパラドックスに出てくる話です。
ウィキペディア参照
このパラドックスでは、アキレスは永遠に亀を追い抜くことはできません。

仕事も100%完成という物はありえません。
書類作成なんかはどの単語を使うかで表現がいくらでも変わりますから、完成など最初からありえないのです。


もしも1日で完成までの60%を仕上げられる仕事があるとして、1日目は全体の60%、2日目は残り40%のうちの60%、つまり全体の24%分進むことになり、合わせて84%。

3日目はさらにその残り16%のうちの60%、つまり9.6%前進し、合わせて93.6%になります。

同じことを繰り返していくと、10日目には全体の99.9895%が仕上ることになるのですが、これでもまだ100%ではありません。


この数字はどこまでいっても何日たっても、永遠に100%にはなりません。


たいていの仕事は8割完成していればそれで十分ですから、どこかで見切りをつけて、次の仕事に取り掛かったほうがより大きな成果を生むことになります。
 
 

posted by ナマラ・ラマ at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。