2009年01月12日

凄い営業



「忙しいのが快感」になる。
わかります。
1日にデッドライン(締め切り)をいくつも設定し、締め切りに追われるのではなく、前倒しで仕事を進める。

攻めている感じ、集中してハイになってる状態です。


「問題がないことが問題だ」
売れている営業マンは何人もの顧客を抱えており、当然いろいろな問題が生じてきます。問題を解決することが成長につながり、さらに売れるようになります。

逆に売れていない営業マンは顧客がいませんから問題すら起きてきません。
自分から問題を作ってはいけませんが、問題を抱えてないということは、仕事を十分にしていない、という評価になってしまいます。


「瞬間の積み重ね」
時間は途切れることなく連続していますが、瞬間瞬間の積み重ね、と見ることもできます。
その瞬間の努力、人より少しだけ前進することが、積み重なると大きな差となってきます。


営業といっても根性だけでは売れません。

裏での努力とか、気くばり、工夫が必要です。
仕事を通してなにを成し遂げたいのか、目標とそれを達成するための頭の使い方が前人未到の7,000台という記録を作っていくんですね。
 
 
ラベル:営業マン トヨタ
posted by ナマラ・ラマ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。