2009年01月14日

ルールを作る側になる

資本主義社会では、お金持ちはさらにお金持ちになって行きます。
なぜかというと、お金持ちが社会を支配し、その存続を維持するシステムが資本主義だからです。

例えば複利計算などは紀元前からあるといわれていますが、そんな古いシステムも、お金持ちのお金を増やすのに役立つから残っているのですし、お金持ちのおこぼれを預かろうと、証券や先物などのもっと儲かる情報を持った人たちが集まってきます。

だから、お金持ちはさらにお金持ちになります。


頭のいい人はさらに頭が良くなります。

なぜかというと、頭のいい人はもっと頭を良くしようと、頭が良くなるための情報を“主体的”に集めてきますし、いつも頭が良くなるにはどうしたらいいか考えてますので、そういった情報が目に飛び込んできます。

そして実践しています。←ここ重要


「あたしバカだから」
とか
「オレ頭ワルイいから」
などという言葉を普段からあたりまえに使うのは、自分の頭をますます悪くする行為です。
すぐやめましょう。


ドラゴン桜にもありましたが、会社や学校も含めて、社会でいい思いをするにはルールを作る側に回らなければなりません。

頭が悪いままではいつまでたっても搾取されっぱなしですし、搾取されていることにすら気づかないで過ごしているかもしれません。


とはいっても、ルールを作る側が搾取をする悪い人達ばかりだというわけではありません。
福祉の制度や医療、科学を発達させてきたのは頭のいい人たち、ルールを作る側に立った人たちです。

今までの生活をこれからも続けるか、ルールを作る側に回る決断をするか、いま、決めてしまいましょう。
 
 
posted by ナマラ・ラマ at 22:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒くなりましたが、頑張って下さい!!!応援します!!!遊びに来てくださいね!!!
Posted by アフィリで楽しく毎日が給料日@中里 at 2009年01月15日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。