2009年01月19日

33歳で資産3億円をつくった私の方法


後半は投資の具体的方法で、ここだけ読んでも投資の「知識」が増えるだけで終わってしまいそう。

なので著者はこの本を、単に知識を伝授するために書いたのではなく、大勢の人が実際に投資を経験し、お金を得て自由な時間を手に入れて欲しいと願って書いています。

そのため、紙面の半分以上を使ってお金の使い方と増やし方の意味、そしてなぜ増やさなければならないのか、増やすために行動することの大切さを説いています。


この思想は資産運用に限ったことではありませんが、まだ準備ができていない、スキルが備わってからやる、という人が多いけれどもそれでは遅い。

すでに始めている人は、あなたが躊躇している間にどんどん先に進んでいってしまいますよ。実際にやりながら学ぶ、やっているうちに憶える事が大事なんです。
そしてなにより、失敗する経験が大事なんですと説きます。


確かにわたしも以前メルマガを発行していたことがあるのですが、発行する前は読者の反応とかが怖いし、続けられるんだろうかという不安もあってなかなか始められませんでした。
が、一度やってしまえばなんでもなく、日常のごく当たり前のこととなった経験があります。


できるかどうかなんてどうでもいい。
人生では「できない」ことより「やらない」ことのほうがリスクが高いし、失敗とも言えるでしょう。
 
 
ラベル:資産 投資
posted by ナマラ・ラマ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。