2009年03月11日

抽象度を上げる

 仕事にしろ勉強にしろ、新しく手に入れた知識を使う(応用する)には、そのひとつ上の概念を知らなければなりません。


 例をあげると、
小学校1年生の子供が、「今日学校で足し算を習ったよ。1+1=2だよ」
親「じゃあ2+2は?」
子「学校で習ってないから分からない」

 1+1は分かっても、2+2は習ってないから分からない、というのは、1+1よりも上位の概念、つまり「足す」という意味が分かってないからです。


 知識を応用する、使いこなすには、その知識に関する抽象度を上げ、1段上の概念を獲得する必要があるのです。

posted by ナマラ・ラマ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。