2009年03月17日

アキレスと亀

アキレスと亀
といっても北野武監督の映画ではありません。

ゼノンのパラドックスに出てくる話です。
ウィキペディア参照
このパラドックスでは、アキレスは永遠に亀を追い抜くことはできません。

仕事も100%完成という物はありえません。
書類作成なんかはどの単語を使うかで表現がいくらでも変わりますから、完成など最初からありえないのです。


もしも1日で完成までの60%を仕上げられる仕事があるとして、1日目は全体の60%、2日目は残り40%のうちの60%、つまり全体の24%分進むことになり、合わせて84%。

3日目はさらにその残り16%のうちの60%、つまり9.6%前進し、合わせて93.6%になります。

同じことを繰り返していくと、10日目には全体の99.9895%が仕上ることになるのですが、これでもまだ100%ではありません。


この数字はどこまでいっても何日たっても、永遠に100%にはなりません。


たいていの仕事は8割完成していればそれで十分ですから、どこかで見切りをつけて、次の仕事に取り掛かったほうがより大きな成果を生むことになります。
 
 

posted by ナマラ・ラマ at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115772905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。