2009年03月22日

なぜだろうと問いかける

「なぜ」という質問は、問題の本質を探すのに有効です。
頭をよくするのにも有効です。

「なぜだろう」と問いかけると、それまでなんとなく、こういうこうとだと思っていたことや、当たり前と思っていたことが、うまく説明できないことに気づきます。

子供に、
「なぜ赤信号では止まるの?」
「なぜ水は寒いと凍るの?」
と聞いてみましょう。


「そういう決まりだから」
「そういうことになってるから」
うまく答えられなくて、こんなことを言うかもしれません。

もういちど、
「なぜそんな決まりがあるの?」
「なぜそういうことになってるの?」
と聞いてみましょう。

答えは間違っていても全然構いませんし、答えが出てこなくてもいいんです。

「考える」という行為自体が重要なんです。


あなたも身の回りの物事について「なぜだろう」と自身に問いかけてみましょう。

きっといままでとは違った物の見方ができるようになります。

ラベル:質問力 問題解決
posted by ナマラ・ラマ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。