2009年03月20日

本の読み方

じつは、20代のころは本なんてほとんど読みませんでした。

読みはじめたのは30代の後半から。

一旦読む癖がつくと、本の読み方が分かってきます。
本の読み方とは、ただ文字を読むと言うことではなく、理解のし方ということで、そうなると読みたい本が次から次へとでてきます。

読みたい本はあれとこれとそれと、という具合に何冊もあるのに時間がかかって次の本に移れない。

そんなときに出会ったのがフォトリーディングです。
とあるメルマガで紹介されており、本屋さんでフォトリーディングの本を見つけて買ってきました。


私は今職場で2つの業務を掛け持ちしています。
午前と午後とで別の部署で仕事をしていて、それぞれ他の人と同じくらいの量をこなしています。
つまり1日に一人で二人分の仕事です。

しかも残業はほとんどしません。
月末以外、勤務時間は1日8時間〜9時間です。
もっと短くすることもできますが、週40時間の勤務が果せられていますので、余った時間は更に情報収集に使っています。


こんなことができるのも、経験だけではなく、どのようにしたら短時間で成果を出せるか、通常の倍のスピードで案件を処理し、情報を整理して価値を加えることができるか、という知識が大量に頭に入っているからではないかと思います。


あなたもいまからでも遅くはありません。他の人より稼ぎたければ、他の人が持っていない知識を身につけ自分自身の付加価値を高める必要があります。


posted by ナマラ・ラマ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の価値

私が買う本は、たいてい1500円前後のビジネス本です。

ジャンルはその時どきで違います。
同じような本を何冊も続けて読むこともあれば、違った分野の本をいっしょに読むこともあります。


一冊の本には一体どれくらいの価値があるのでしょう。
本に書かれていることで、必要な箇所は人によって違います。

ふつう、本の中でその人にとって重要な箇所は5〜20%程度、と言われています。
200ページの本でしたら10ページから40ページほど。

まとまっているのではなく、このページに1行分、べつのページに5行分、と分散していて、あわせて5〜20%です。


私は1,500円の本の中に、参考になる所、この考え方は知らなかったと思える所、すぐに生活や仕事の場面で使えるなと思えるところが1つでもあれば、十分モトはとれると思っています。


前にも書きましたが、他の人より稼ぎたければ、人とは違う価値を自分に付けたいのなら、いまからでも遅くはありません。
本を読むべきです。

テレビなどで名前を知っている人が書いた本でもいいし、本屋さんで見かけて気になった本でもいいし、ネットで検索して探してもいいのでとりあえず1冊読んでみましょう。


本の中に価値があるのではなく、あなたがその本の価値に気づくかどうか、価値のある物にできるかどうか、です。


タグ:読書法
posted by ナマラ・ラマ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の選び方

稼ぎたければ本を読め、と言われても、今まであまり本を読んでこなかった人は何を読んでいいのか分かりませんよね。

私もそうでした。


今は本屋に行って、タイトルが気になったら手に取ってみて、目次を見て中身をパラパラとめくり、必要な事が書いてあるな、と「感じたら」買います。

感じたら、ですので論理的な根拠はありません。
家で読んでみて、得る物がなかった、ってこともあります。

でもそれでいいと思います。
とりあえず頭の中にいれておけば、別の知識と結び付いて新しい知識が生まれることがありますので、そのときまで熟成させるのだ、と考えています。


次回は一冊の本に、一体どれくらいの価値があるのかお話しようと思います。

タグ: 読書法
posted by ナマラ・ラマ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。